カテゴリー別アーカイブ: ダイエットコラム

産後にウエイトを返す手において

産後痩身をするには、間違った方法ではなく規則正しいしかたでしなければなりません。
ひとたび気をつけなければならないことは、乳養育をしている場合には乳のクォリティが悪化しないように気をつけることです。
乳で赤子を育て上げるとそれだけで痩身の効果があるのですが、
乳の為にといった食べすぎないようにする事が大切です。
授乳センターは3たびのメニューって気持ちに気をつけて、じっくりウエイトを落としていきましょう。
悠々ウエイトを減らすことによってリバウンドしにくいカラダになります。
始めるピークは産後すぐには行なわないようにします。
子宮やホルモン兼ね合いなど受胎前の体勢に戻ろうとする結果、精神的に不安定になりやすいので、
産後ゼロか月はスタミナを回復させる事を先させましょう。
産後痩身はメニューはポピュラーにとっても大丈夫ですが、軽食をひたすら控えましょう。
メニューバランスが崩れると、筋肉を引きしめたとしてもアッという間に体重が増加してしまうからだ。
そうして白湯を飲み込むようにしましょう。
一日に3~4杯呑むことにより血行がよくなり、交替がアップすることにより体の脂肪が落ち易くなるのです。
痩身を行なっている時は、朝食を手広く摂取して夜はできるだけ止める事で一日のメニューの兼ね合いを取りましょう。

脚痩せジェル口コミ

話題の8時間ダイエットの内容とは?

昨今、ダイエットに効果が高いと話題のダイエット法があります。8時間ダイエットという名称で呼ばれているこのダイエットはどのようなダイエット法なのかをご紹介します。
8時間ダイエットとは、1日24時間のうち、8時間は何を食べても良いが、残りの16時間は水分以外は何も食事をしないというダイエットです。食事をしない16時間の間は、水とお茶、ブラックのコーヒーは飲んでも良いですが、それ以外は食事はもちろん、糖分などを一切摂取しないというダイエット法です。 続きを読む

体の部分で一番ダイエットが難しいのはどこ?

ダイエットの悩みの中で一番多いのが、痩せにくいとされている部分のダイエットです。ダイエットは体全体を動かして、全身バランスよく痩せていくのが多くの場合です。腕だけ、足だけ痩せたいという人も少なくありませんが、なかなか難しいと言えます。体の部分の中で痩せにくいのは、腕や太ももなどが挙げられますが、やはりそのどちらのダイエットを成功させるにも全身の運動が必要です。特に腕は難しい箇所です。女性の場合、細くはしたいけど筋肉質な腕にはしたくないという人がほとんどです。

続きを読む

下半身ダイエットを目指す人におすすめの食事や栄養素

下半身は下半身という名のとおり、身体を上下に分けて考えた時に中心から下の部分の身体の事です。下にあるという事は当然に重力の関係で色んなものを溜め込みやすい傾向にある部分という事になりますね。下半身太りの原因の殆どは、むくみやセルライトによる物と言われています。塩分の摂り過ぎや、血行不良などが続くと、脚がむくんでセルライトが出来てしまいます。

 

続きを読む

太ももダイエットに効果的なエクササイズや運動方法

太ももダイエットに効果的なエクササイズと言えば、スクワットです。走ったり歩いたりして脂肪を燃焼するのも良いのですが、一番効率的なのはスクワットです。内ももの筋肉をしっかり使う運動なので、これで内ももダイエットが出来ます。太ももダイエットに効果的な運動は、ウォーキングです。全身を使う有酸素運動なので、脂肪を効率よく燃やすことができます。血行を促進するので、むくみ解消効果もあります。

 

続きを読む

メタボは女性にも起きる?

メタボという言葉は、男性によくつかわれますが男性だけではなく、女性にも存在します。女の人の場合は、隠れメタボが多く、見た目は痩せているけど実際お腹周りを測ると90cmオーバーという人やお腹周りは大丈夫でも内脂肪が多いといった方です。メタボ診断は、ウエスト部分を測るのではなくヘソの下部分のお腹周りです。年齢と共に、ヘソの下部分のお腹周りからお尻にかけてたるみがおき、大きくなります。
それは、筋肉が減り脂肪が付きやすくなるからです。

続きを読む

メタボになりやすくなってしまう人の特徴

メタボリックシンドロームという言葉がTVや雑誌で特集されるようになって久しく、その言葉を耳にするだけで無く、メタボ健診をうけたり食生活に気を配ったりしている人は、いまや大多数いらっしゃるのではないでしょうか。
同じような仕事をこなし、同じような食事をしても、メタボになる方・ならない方がいるのは、ただ単に「体質の問題」として受け流すにはなかなか難しい問題です。
メタボになるやすい人というのは、冷え症の方が多いと思います。
年中体が冷えやすいことで、体が体を温めようと防寒のために脂肪をためこみやすいからです。また、夏場に暑いからといってアイスなど冷たく脂肪分の多いものを食べていると、脂肪にすぐ変わってしまいます。
なるべく体をあたためること・・・あたたかいものを飲む、靴下を履くなどして防寒に励むのももちろんですが、夜る前だけなど簡単なストレッチをすることで、全身のめぐりを浴することが出来ます。マッサージとはちがい、局所の血流をよくするのではなく、体全体の血流を促してくれるので、老廃物も流れやすいです。
ストレッチというとちょっとハードルが高い気がしますが、寝転んで全身をグーッと伸ばすだけでも立派なストレッチ。
ちょこっとずつでもそういった巡りをよくする心がけで、メタボになるやすい人とそうでない人の差が開いていくのかもしれません。

ぽっこりお腹